おまとめローンで借金を一本化しましょう!

おまとめローンはどこで提供されているの?

複数の借入れを一本化する為のおまとめローンは、銀行や消費者金融から提供されています。
銀行ではおまとめローンと銘打っていることは少なく、多くの場合は通常のカードローンをおまとめローンとして利用することになります。

これには理由があり、貸金業法には総量規制という、年収の1/3までしか借入れを行えないという決まりがあります。おまとめローンはその融資額が高額になるので、ほとんどの場合でこれに引っ掛かってしまいます。その為、消費者金融では通常のカードローンとは別に、おまとめ専用のローンを用意しています。このおまとめローンは特別扱いとなり、総量規制の対象外になるからです。

一方、銀行には元々総量規制が適用されていません。それは銀行は貸金業法ではなく、銀行法に基づいて営業を行っているからです。よって、通常のカードローンとは別におまとめ専用のローンを用意する必要がないからです。

おまとめローンを組むといくつかのメリットが受けられます!

おまとめローン(もしくはカードローンをそのように利用する場合も含む)を組んだ場合、現在の他社からの借入れの合計額をそのまま借入れ、全てそれらの返済に充てて、今後はおまとめローンの返済のみを行っていくことになります。
この借入れ先が一箇所だけになることで、受けられるメリットがいくつかあります。

返済日の1本化

まず、返済の管理が楽になります。複数の借入れを行っていた時のように、うっかり返済日を忘れてしまうようなことは無くなります。また、ATMより返済を行っていた場合、複数の返済の都度発生していた手数料を支払う必要が無くなります。

金利が下がることが期待できる

そして、高額の一本の借入れになる為、金利が下がることが期待できます。利息制限法により、100万円未満の借入れに対しては最高18%の金利を設定できますが、100万円を超える借入れになると、最高でも15%までになります。

よって、おまとめローンで100万円を超える借入れになると、最高でも15%の金利になります。これは銀行でも消費者金融でも同様です。

おまとめローン

消費者金融より比較的小さい複数の借入れを行っていると、18%の金利を設定されていることがほとんどだと思います。これを最高でも15%まで下げることができるのは、おまとめローンの大きなメリットです。

おまとめローンの注意点とは?

ここで1つだけ注意しなくてはならないことがあります。それは、毎回の返済額を今までの複数の返済の合計額より低く設定してしまうことです。

これを行ってしまうと返済までの期間が延びてしまい、その分多く金利額を支払うことになります。これでは折角金利率が下がった意味が無くなってしまいます。おまとめローンを組む際は、これだけには気を付けてください。

総量規制との関係

おまとめローンは、基本的に総量規制の対象外となっていますが、消費者金融をユーザーが、勝手におまとめローンとして利用した場合は、総量規制の対象となり年収の3分の1以上の借り入れができません。

そのため、希望していた借入金の1本化ができずない可能性があります。

おまとめローンと総量規制にの関係性については以下のサイトを参考にしてください。

おまとめローンはすすんで利用しましょう!

このように、おまとめローンを組むことによるメリットは決して軽視できません。中でも金利が下げられるのは大変大きなメリットです。複数の借入れの返済をそのまま行っているより返済額が減り、その管理も楽になるのです。

複数の借入れを抱えていて、特に合計すると100万円を超えるような場合、すすんでこのおまとめローンを利用するべきだと言えるでしょう。